Q.ご検討のきっかけは?

画像1

もともと近所の一戸建てに住んでいて、20年以上も1人暮らしをしてきましたが、最近心細くなってきていました。食材を買いに行って、1人分のごはんをつくるということも億劫でしたね。数年前に自宅を改装しバリアフリーにしましたが、もともと50年以上も経つ古い家でしたのでちょっともったいなかったと思います。 台風の被害で瓦がずれたり、外壁にひびが入ったりで修理費用がかかるということもありました。近くに住む姪も、私が1人で住み続けることへの不安をもっており、いっしょにこちらの物件を見学にいきました。

Q.なぜ「シニアマンションA」をえらばれたのか?

画像2

以前検討した所は、サービス付き高齢者向け住宅だったのですが、6畳一間に小さいキッチンで圧迫感がありました。それと全体的に暗い雰囲気があり、それなら自宅に住み続けるほうがいいかなと思いました。 シニアマンションAは、お部屋がゆったりして南向きなので日当たりが素晴らしくとても綺麗でした。姪が大賛成してくれたのも良かったです。今までの一戸建てから初めてマンションに住むという抵抗感もありましたが、階段の昇り降りから開放されることや戸建てと比べると気密性が高いので夏も冬も快適に過ごせるなど、マンションならではの良さもありました。 あとは、レストランでの食事ですね。毎日の買い物や炊事から解放されました。健康相談員の方もとても親身ですごく頼りになります。何かあればすぐ相談できるという安心感がありますよ。 分譲方式ということで、将来姪に譲れることも良かったですね。

Q.「シニアマンションA」に住んで良かったことは?

画像3

毎日の生活にゆとりができました。1人で住んでいたときは家事に追われていましたが、ここでは自由な時間が増えました。最初は手持ち無沙汰でしたが、友人ができて食事時の会話や最近ではカラオケルームを使い楽しんでいます。まさか自分がカラオケをするとは思いませんでした。大浴場もほぼ毎日利用していて、広くて長湯してしまうこともあります。お風呂掃除をしなくても良いのが助かりますね。お部屋のお風呂は外出して遅くなった時に利用するぐらいですね。笑い話になりますが、トイレで、間違って緊急コールボタンを押してしまい、係りの方が、すぐに駆けつけてくれました。恥ずかしいやら申し訳ないやらでしたが、本当に安心して暮らせるところだと実感できましたよ。